MacBookにPyMolをインストールの巻

MacBookにPyMolをインストールの巻

はじめに

無料で使えるオープンソース版のPyMolがあるらしいことを知る。。。

レガシーのPymolを使ったことがありますが、これ最初無料だったけど上位バージョンで有料になったり、その辺の関係が複雑でわかりにくいのよね。

で、最近はオープンソース版であれば、最近のバージョンであっても無料で使える(Published under a BSD-like license)ということなので、MacBookにインストールしてみようっと。

インストールメモ

Homebrewで簡単にインストールできるということなので、Homebrewでインストールを実施しました。その時のメモ。

まずXquartzとHomebrewのインストールが必要ということですが、もう両方インストール済みだったので、

ターミナルから

brew install brewsci/bio/pymol

でOK、と。

簡単すぎてビビりました。Homebrewのアップデートもしてくれて、依存関係にあるプログラムも入れてくれて、というのもあってか、インストールされるプログラムの多さにさらにビビる。。。体感で30分くらいはインストールに時間がかかったでしょうか(測ってないけど)。

インストールが終わったら一旦ターミナルを閉じて、再びターミナルを起動してから

pymol

と叩いてみる。

でけたでけたー。ちゃんとOpen-Source PyMolTMとなっています。 今回インストールしたバージョンは2.4.0です。

Pymol installed
The PyMOL Molecular Graphics System, Version 2.4 Schrödinger, LLC.

インストールした環境

MacBook 2017
macOS Catalina バージョン10.15.7

参考にさせていただいたサイト様。ありがとうございます。
https://yoshitakamo.github.io/pymol-book/append01/installation.html