グーグルカレンダーを見やすくカスタマイズしてA4に印刷するの巻

グーグルカレンダーを見やすくカスタマイズしてA4に印刷するの巻

はじめに

Googleカレンダーの予定を紙に印刷したい時がありまして。

月間予定表としてチームメイトに配ったり。自分用としても紙の状態で張り出しておくとそれはそれでやっぱり便利だったりする。紙の良さね。。。

でも、Googleカレンダーをそのまま印刷しようとすると地味に見にくい(以下は共有用のカレンダーです。)。

google calendar public

これをWeb上で見るにはまだいいのですが、紙に印刷すると色が薄かったり、字が小さかったり(設定で最大のフォントサイズにしてあっても!)。
しかも予定のタイトルの折り返しがないから見切れたり。。。

紙に印刷するととっても見にくい。わかります?

ワタシはちょっとでいいから見やすい印刷物の予定表が欲しいのよ。。。たまにだけど。

avatar

せめて見切れないようにしたいぜ。

しかし、Googleカレンダーの設定からだとどうやらほぼ何も変えられぬ。ぬぅ。

印刷したものが見やすければ他は何にも文句ないんだけどなぁ。。。

おおそうだ、他のカレンダーと連携させて他のカレンダーアプリから印刷してはどうか?

avatar

まあ、印刷だけのためにわざわざ他のカレンダーアプリを併用するのもなんか気が引けるけど。。。すぐに使えて無料なら。。。と思い、いくつか検討してみました。

Win10、Outlook、Macのカレンダーと連携してみた。が、やりたいことはできない模様。。。でボツ。

Yahooカレンダーなら見やすく印刷できそう。ある程度の長さまでならテキストの折り返しもできるみたい。だけど、Googleカレンダーと連携させるのがややこしいみたい。。。でボツ。

FullCalendarとやらならうまくいくかも?という気配を感じたけど、印刷したいがためだけに1から覚える気にもなれん。でやっぱりボツ。

まあ無精なワタシに問題があるのかもしれませんが、ちょっと

がっくし。。。

avatar

な感じで悶々としながら、でもできるだけ簡単にGoogleカレンダーの見た目を変えられないかと引き続き調べてみたところ、

avatar

「拡張機能のStylusからCSSを適用する」

というやり方なら、テキストの折り返し含めて見た目をいろいろ変えられることがわかりました。

avatar

そんなわけで、この方法を使うことにしました。

すると、こんな感じにできました(予定は架空のものですよ。。。)
イベントタイトルの改行と言うか折り返し(text wrap)もできるようになりました。

google calendar text wrap customized color

月の予定が見やすく印刷できさえすればいいという考えなので、コレで良しとしました。(なので月間表示以外に関してはノータッチです。)

avatar

と、いう話

というわけで2020年6月19日時点で有効であったやり方の記録を以下に記載したいと思います。
(2021年7月15日現在、有効でした。)

なお、利用環境が違ってうまくいかない、または何かの仕様が変わって使えなくなる、という可能性もありますんでそこは先に謝っときますごめんなさい。

拡張機能StylusからCSSを適用してGoogleカレンダーをいい感じ(主観)に印刷する方法

拡張機能Stylusをインストールして、共有のGoogleカレンダーに対応したCSSを作成し、適用後にブラウザの印刷機能で印刷する、という流れです。

なお、本記事ではChromeで実施していますが、Stylusが使えるブラウザであればおそらくできるんじゃないかと思われます。

1. Chrome拡張機能のStylusをインストールする

Chromeウェブストアで拡張機能Stylusを見つけてChromeに追加します。

Chromeの右上にStylusのマークが追加されます。

stylus icon

見つからない場合は「その他のツール」→「拡張機能」からStylusをOnにしてあげてください。

なお、設定もいろいろあっていじれるみたいですけど本記事ではほぼ全部スルーします。。。詳しいことはマニュアル等をご参照いただければと思います。

あと余談ですが、似たようなやつでStylishってのがありますが(もうなくなってるかも?知らんけど。)、どうやらWebのアクセス記録を収集する的な怪しげな挙動を示すらしいので使っちゃいかんぽいです。Stylusでは大丈夫、と大っぴらに宣言してくれてます。(気にならないのならStylishでもいいのかも)

2. 共有のGoogleカレンダーのURL(public URL)を取得し、アクセスする

ここで一旦、印刷対象のGoogleカレンダーの共有URLを取得しそちらにアクセスします。

まず、印刷対象のカレンダーの「設定と共有」から、

google calendar setting

共有カレンダーのURL(このカレンダーの公開URL)を探してコピーします。

google calendar public link

で、URLをブラウザのアドレスバーに貼り付けるなどして共有のGoogleカレンダーのほうにアクセスします。

ちなみにこのカレンダーは月曜始まりに設定してます。

google calendar public

*普通のGoogleカレンダーよりも共有カレンダーの方が今回の目的(プリントアウト)に向いていると判断したので共有カレンダーを使います。まあ、やりようはあるのかも知らんですが。公開したら困る予定表の場合は実行に関して考慮する必要があるかと思います。

*この方法は1つのカレンダーしか選択ができないみたいなので、
複数のカレンダーを表示した状態に対してCSSを効かせたい場合は、適用できません。複数のカレンダーを統合して1つのカレンダーとして扱うようにできればいけると思います。

*iframeで埋めた状態のGoogleカレンダーにはクロスドメインの関係でStylusからのCSSを効かすことは(もう)できないみたいです。

3. Stylusで好みのCSSを作成する

次に、今いるカレンダーのページで、先ほどのStylusのマーク

stylus icon

をクリックして、ページを再読み込みしてアクティベートします。

出てきたポップアップの、

stylus setting

次のスタイルを書く:
calendar.google.com/このURL

において、”calendar.google.com”になるようにクリックすることで、適用するドメインを指定してのCSSの作成ができるようになります。

stylus css editer

なお、ここでのURL指定方法は「ドメイン上のURL」で「calendar.google.com」としてますが必要に応じて指定方法を使い分ければ良いです。もっと厳密にしたり、もっと緩くしたりできます。いつでも。

次に、下方に記載しているCSSをコピーし、エディター部分に貼り付けします。

必要に応じてフォントサイズとか色とかその他を好みの形に変更します。
(お手数ですがズレがある場合は手動で修正してくださいまし。。。)

ただし、Googleのロゴのある部分まで変更しちゃうと利用規約違反になる可能性があるのでロゴ部分は残しておきましょう(このCSSでは触っていません)。

/* Googleカレンダーをいい感じに印刷するための拡張機能Stylus用のCSS */

/*---------------A4印刷用サイズ調整---------------*/
/* 使用したい印刷の向きのコメントアウト(コードを挟んでいる「/*」のこと)を消してアクティブにします */
/* コメントアウトしない場合は画面サイズに添った表示になります */

/* A4サイズ縦向き用 */
/*
body{
    height: 275mm !important 
}
.view-container{
    height: 250mm !important
}
*/

/* A4サイズ横向き用 */
/*
body{
    height: 190mm !important 
}
.view-container{
    height: 165mm !important
}
*/
/*---------------A4印刷用サイズ調整ここまで---------------*/


/*---------------いろいろ設定---------------*/

/* month year */
.date-top
{
    font-size: 20pt !important
}

/* each event1 */
.rb-n /*all day event title*/
{
    white-space: normal !important;  /*テキストの折り返し*/
    word-wrap: break-word; /*単語途中のテキスト折り返し*/
    line-height: 120%!important; /*行の高さ*/
    font-size: 14pt!important; 
    color: #000 !important;
    background-color: #FFF !important;
    border:1px solid #2952A3!important; /*枠線*/
}

/* each event2 */
.te-t /*specified time event title, time*/
{
    white-space: normal !important;  /*テキストの折り返し*/
    word-wrap: break-word; /*単語途中のテキスト折り返し*/
    line-height: 120%!important; /*行の高さ*/
    font-size: 14pt!important; 
    color: #000 !important;
    background-color: #FFF !important;
    border:1px solid #FFF!important; /*枠線*/
}

/* each event3 */
.te-s /*specified time event title, title*/
{
    white-space: normal !important;  /*テキストの折り返し*/
    word-wrap: break-word; /*単語途中のテキスト折り返し*/
    line-height: 120%!important; /*行の高さ*/
    font-size: 14pt!important; 
    color: #000 !important;
    background-color: #FFF !important;
    border:1px solid #FFF!important; /*枠線*/
}

/* each day titles */
.st-dtitle 
{
    color: #000 !important;
    font-size: 14pt!important;
    background-color: #EEE8E8 !important
}

/* weekday titles */
.mv-dayname {
    color: #000 !important;
    font-size: 14pt !important;
    background-color: #FFA600 !important;
    line-height: 110%!important; /*行の高さ*/
}

/* day of week titles */
.mv-event-container
{
    margin-top: 1%!important   /*曜日部分のセル高さ調整(mv-event-containerのほうで調整)*/
}

/* Saturday color 左から6番目の曜日を変更 */
.st-dtitle:nth-child(6),
.mv-dayname:nth-child(6)
{
    background-color: #A7D5F1 !important;
}

/* Sunday color 左から7番目の曜日を変更 */
.st-dtitle:nth-child(7),
.mv-dayname:nth-child(7)
{
    background-color: #EFD4F7 !important;
}

/* 色がついて欲しくない部分の背景を白に変更 */ 
.st-bg-today, /* background of today's cell */ 
.view-container-border,/* background area (view-container-border)*/
.view-cap /* background area (view-cap)*/
{
    background-color: #FFF!important;
}

/* 枠線いろいろ */
.view-container,    /* カレンダー外枠 */
.mv-dayname,       /* 曜日外枠 */
.month-row,          /*周り?*/
.st-bg,                    /* 境界縦 */
.st-dtitle,                /* 境界日付周り */
.mv-container,/* カレンダー外枠 */
.mv-event-container /* カレンダー外枠 */
{
    border: #000 solid !important;
    border-right-width: 0.5px !important;
    border-left-width: 0.5px !important;
    border-top-width: 0.5px !important;
    border-bottom-width: 0.5px !important;
}

/* 内側の表の位置の微調整*/
.mv-event-container
{
    margin-left: -0.1%;     /*表をちょっとだけ左よりにして隙間をうめた*/
    border: 1px             /*表をちょっとだけ上よりにした隙間をうめた*/
}
/*---------------いろいろ設定ここまで---------------*/


/*---------------いろいろ消してます---------------*/
table.nav-table td:nth-child(5),   /* image of printer*/
.tab-name,                         /* text of "Print" */
.navbutton,                        /* navbutton */
.today-button,                     /* today-button */
table.nav-table td:nth-child(7),   /* "Week", "Month", "Agenda"*/
table.nav-table td:nth-child(3),   /* side arrow */
.calendar-nav                      /* calendar-nav-button */
{
    display:none !important
}
/*---------------いろいろ消してますここまで---------------*/


/* for print out 設定した背景色を強制的にプリントします*/
* {
    -webkit-print-color-adjust: exact;
}

*通常のCSSと同様に、/* と */ で挟まれた部分がコメントアウトに該当するので、コメントアウトされている部分をアクティブにしたい場合は/*と*/を削除すればいいです。

*「いろいろ消してます」の部分から「.navbutton」の行を除去またはコメントアウト等して不活性化すると、月間を移動するためのボタンが復活します。翌月の予定を表示したい時など、必要に応じて使えます。

CSSができたら、保存し、Stylusの「管理」またはアイコンのクリックからチェックボックスにチェックを入れることで有効化します。

上のCSSが適用されるとアイコンが下の画像のようになります。(1個のスタイルを適用している、という意味らしい)

stylus icon2

カレンダーを見ると、CSSが適用されてテキストが折り返されタイトルの全体像がわかるようになったり、フォントや色などが変化していることがわかります(うまくいってれば)。

google calendar text wrap customized color

4. Chromeの印刷機能で印刷する

印刷は、Googleカレンダーに据え付けてある印刷ボタンを使わずに、ブラウザの印刷機能を使います。

そうでないと反映したスタイルで印刷できないみたいですので。

Chromeの「ファイル」→「印刷」 にて。

A4 size print 横向き
A4サイズ横向き
A4 size print 縦向き
A4サイズ縦向き

でけた。

事例ではちょっと文字がオーバーしてかっこ悪いですけど。。。フォントサイズを調整するか、印刷時の拡大倍率を下げてやるか、またはタイトル自体を短いものにするか、で対応ですかね。。。

まあ印刷しなくていいやってケースもあるかも。

*必要時以外はStylusをオフにしとけば良し、です。

*通常のweb版Googleカレンダーじゃなくて、共有リンクから見れるカレンダーを採用しているのは、通常のweb版だと年月表示など、表周りにある欲しい情報が印刷時に落ちるためです。なんかやりようあるんだろうけどわからん。。。

おわりに

以上、Googleカレンダーの見た目を自分好みにカスタマイズして、印刷する方法でした。

テキストの折り返しを含めて、もっと見やすく印刷できんかなーと思っていろいろ試行錯誤し、たどり着いた方法なのですが、もっといい方法があるかもしれません。

また、なんかここのCSSで指定しているHTMLのclassがウチのとは違うわ。。。
などとということがあるかもしれません。

そのときはChromeのデベロッパーツール (F12または右上の点3つのアイコン→その他のツール→デベロッパーツール)を使ってclassがあっているかなどの検証で対応していただければいいのかなと思います。

冒頭にも記載していますが、何かの仕様が変わったら使えなくなる可能性もありますのでそこはご勘弁を。。。

どなたかのお役に立てば幸いです。

この記事は

Google Chrome; バージョン83.0.4103.106 (for MacOS X)
Stylus; バージョン1.5.11

にて実施しました。